顧客定義

成功している企業には、必ず明快な顧客定義がありその想定顧客に対し、商品・サービスをただひたすら供給している。

これは、誰に対し商売していくのかという明快な顧客定義がありただその顧客に対し商品・サービスを提供しています。

● 企業独自の明確な顧客定義がある。

合致する顧客層を狙って事業を展開している。

顧客を決めれば事業は強くなる。

投網を拡げても中々顧客は増やせないが、逆に絞り込むことによって当初狙いでなかった顧客も集められる。

顧客を明快に定めるからこそ、商品・サービスが研ぎ澄まされる。

万人を対象とする企業の商圏は、限りなく狭く。顧客を決めた企業の商圏は、限りなく広くなる。

企業の過ち)

● 多くの経営者は、一人でも多くの人に自社製品やサービスを買ってもらいたい一心で、なるべく多くの万人を対象とした事業を展開している。

● より多くの顧客を相手にするという事は、商品やサービスが個性のない、どの企業でも生み出されるモノや基準になってしまう事を意味する。

● 万人を対象としようとする必需品発想は、より多くの人に買ってもらうために「価格を安くすれば売れる」という考えに結びつきやすい。

PAGE TOP