単純にコストを削って安売りしようとしていませんか?

売上の中身について

売上の中身について

貴社の社員の方へ

■売上の中身は、
・数量×単価 です。
・客数×平均単価です。
■ 中々思うように上がらない場合、
何故売上、回転率含め上がらないのか?を分析する。

例)
売上 100万
100万-50万=50万
・粗利益・売上総利益(限界利益)です。
・売上-変動費(仕入)=限界利益
■ 本当の限界利益はどこなのか?

(変動費)  →   仕入  50万
50万-30万=20万
■ 本当の変動費(仕入、材料、外注費等)はどこなのか?

(固定費)  →   経費  30万
■ 本当の固定費(経費)はどこなのか?
利益  20万
☆売上の中身には、様々な見方ができます。

■別な角度から売上を見てみますと、

・来店されるお客様。 これは、どういうお客様が自店に来店されておられるのか良くみる事です。
・月の売上=新規のお客様からの売上+従来お得意様からの売上となります。
↑大事です。↑

■ 素直に申し上げれば、所詮需要と供給の対比では、何故、需要を喚起できないのか?を考えていく方向が望ましいと思われます。


経営者の方へ

単純に売上を上げていく方向ではなく、売上占有の中身を分析・理解した上で占有率の高いお客様に付加価値をあげ、どう還元させていくのかを考える事が大事だと思います。

また、単純にコストを削って安売りしようとしていませんか?

PAGE TOP